メレンゲを作る

メレンゲを作る

メレンゲは、卵の卵白を泡立てたもので、それを食材として、もしくはお菓子作りに使います。メレンゲを焼いたそのものがお菓子にもなるのですが、ケーキやスフレなどに混ぜていれると、独自の食感が得られます。

 

お菓子の味を整える、もしくは緩衝剤として卵白に砂糖を入れると、耐熱性、耐酸性があがります。離水も防ぎますが、卵白に砂糖を入れるタイミングを微妙に調整することによって、質感をかえることができるのを知っていますか。泡立て初めに砂糖を加えるとメレンゲがシロップ状になるので、卵白の粘り気が増しますので、ツヤがあってキメの細かいメレンゲができます。

 

食感としては、しっかりとした感じです。また、泡立ててしばらくした中盤から後には泡立てやすくなりますが、キメが粗くすこし軽めのメレンゲができます。この後半にできるメレンゲを使うと、軽くさくっとした食感のケーキがスポンジができます。お菓子の特徴に合わせて泡立て具合を工夫するといいでしょう。

 

池袋 美容室 e'lan
デザインtシャツのClubT