ケーキの種類や名前の意味!

ケーキの種類や名前の意味!

みなさんはケーキといわれて何を想像しますか?日本人の多くはスポンジケーキを想像するのではないでしょうか。ケーキにはいろいろな種類のケーキが存在します。チーズを使用したチーズケーキやホットケーキなど種類や飾り方などは様々ですよね。また同じ名前のケーキといっても国によっては見た目も味も異なっています。

 

ケーキーは国によっても読み方が違ってきます。私達が普段使っているケーキは英語になっています。ドイツ語ではクーヘン、フランス語ではガトー、イタリアではトルテやドルチェまた小さいケーキはパスタと呼ばれています。面白いですよね。英語は1200年頃から見られるようになり、古ノルド語kakaから来ているとされています。ケーキに欠かせないものといえば酵母「イースト」でうよね。

 

それから卵白のメレンゼ、バター、ベーキングパウダー、水分これらがあればある程度はケーキが作られます。現代では炊飯器でケーキを作ることも可能になっていますよね。現代では自宅でも簡単にケーキを作れますのでいろいろなレシピがネット上でも沢山紹介されていますのでぜひ参考にしてみてくださいね。