ポルトガルのケーキ!

ポルトガルのケーキ!

ポルトガルのケーキでみなさんが思い浮かべるケーキはありますか?ポルトガルといえばケーキのイメージは私には思い浮かびませんが、調べてみると美味しそうなケーキが沢山あります。まずは王様という意味をもっているドライフルーツがたっぷりで鮮やかなのが特徴なボーロ・レイ、ボーロレイは真ん中に穴が開いていて多いなドーナツのようなケーキです。

 

そしてポルトガルで守護聖人のお供えとして復活祭で必ず今でも食べられているのが「パォン・デ・ロー」です。スペインの「ビスコッチョ」がポルトガルに伝わり今のパォン・デ・ローへなりました。これがまた日本で伝わり現在のカステラとして日本では食べられているということです。日本にパォン・デ・ローが入ってきて今のカステラとなっているそういった歴史があるのもまたおもしろいですよね。

 

そして最後は「ケイジャーダ」です。ケイジョはポルトガル語でチーズを意味することがで日本でいうチーズタルトです。ポルトガルでは昔、修道院で選択物の乗り付けに卵白を使用していたそうです。その残った卵黄で作ったお菓子が今のケイジャーダといわれています。お菓子の誕生にはこういった歴史があるのですから面白いですよね。